メニュー

アクセス
今日 : 10
昨日 : 95
今週 : 363
今月 : 626
総計 : 300679

システム管理
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失


ようこそ 上越〈対話法〉研究会へ

対話法とは /定例練習会のご案内 /出張講座のご案内 /ここまでの歩み /実践の記録 /過去のTV・ラジオ出演

『 自分の考えや気持ちを言う前に、相手が言いたいことの要点を、相手に言葉で確かめる』―これが〈対話法〉の原則です。

■〈対話法〉は、コミュニケーションのルールであり、ツール、そしてテクニックです。
■〈対話法〉は、相手を尊重する会話のマナーでもあります。

〈対話法〉の原則を使って話し合うと・・・
  
  確かな信頼関係が即座に生まれます。
  安心で安全な雰囲気が醸しだされ、相手に話しやすさとして伝わるからです。
  安心して本音で語り合えます。

  • 教員・保育士の方    …… 児童・生徒・園児の気持ちがわかります。
  • 看護師の方        …… 患者さんのニーズを的確につかめます。
  • 福祉関係の仕事の方  …… 入所者の方と気持ちが通い合います。  
  • 営業が仕事の方     …… お客さんが何を求めているかが、正確にわかります。
  • 司会・議事進行役の方  …… 1人の発言を誤解なく会議の土俵にのせ、メンバーで共有できます。
                         会議では、活発な意見の交換が実現します。

ほんの一例です。 〈 対話法〉の原則のなかで中心となる確認型応答は、もとからある傾聴スキルです。
練習会の場は、傾聴実習・演習にもなります。

     

代表
和久井 正弘
電話番号
090-4949-7225 
練習世話人
江川 律子 (日本対話法研究会会員)  他、スタッフ数人が、親切ていねいに、お世話します。  

添付ファイル: file体験談.pdf 331件 [詳細] file対話法活用例.pdf 344件 [詳細] file確認型応答活用例.pdf 304件 [詳細]

  最終更新のRSS
Counter: 55753, today: 6, yesterday: 0
Last-modified: Sat, 22 Nov 2014 09:42:09 JST (746d)
更新情報

Powered by XOOPS Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.