メニュー

アクセス
今日 : 9
昨日 : 44
今週 : 324
今月 : 1838
総計 : 311360

システム管理
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失


Top / 実践の記録

対話法実践の記録

学校における対話法の実践

  [http://www.taiwa.org/jireihoukoku/paper-egawa1.html

新潟県学校保健会 石浜賞第一席入賞 実践研究論文 平成18年度

  [http://www.taiwa.org/jireihoukoku/egawa-ishihama.doc

平成20年度 学校教育に関する所見50 ACCESS アクセスに紹介される(新潟県教育庁上越教育事務所)

授業改善ワンポイント 国語 小学校    話す・聞く力を高めるために      「確認型応答」で学習を活性化する   

江川は学級担任への支援として〈対話法〉と確認型応答を紹介し、児童への習得トレーニングを 重ねました。そして学級担任により、国語の授業に導入されたことについて、上記の冊子に紹介されました。

クラブ活動としての〈対話法〉

江川は担当するクラブ活動として、〈対話法〉を練習しています。その実践の1部です。 2学期後半〜3学期 約1時間ずつ7回あります。おしゃべりクラブと名づけています。先回の終了間際に宿題として、「相手は誰でもいいので、確認を使ってみる」ことを伝えました。 先週は、その報告がおもなものとなりました。先回から日が空いてしまっていたためもあり、「使ったけど、忘れちゃった」と言う児童もいました。

以下のような報告がありました。

  • 学校の休み時間に、友達と何をして遊ぶか希望が2つに分かれた。友達は鉄棒で、私はボール。そこで私は「○○さんは、鉄棒がしたいんだね」って言った。その後は2人で、鉄棒とポールを交互にやって遊んで楽しかった。
  • お兄ちゃんが高校に合格した電話が来た。おばあちゃんに「うれしいんだね」って言った。「そうだよ」って言ってくれた。
  • お父さんがかぜひいて寝ていた。「つらいんだね」って言った。「う〜ん」って言ってた。優しい言葉を言えてよかった。
  • 兄弟で遊ぼうとした時、何をするかについて喧嘩になりそうだった。その時弟が「姉ちゃん、そり、したいんだね」って弟が言った。弟が確認できるんだと知ってうれしかったしびっくりした。私も確認がやれるようになれたらいいなって思った。(弟は昨年まで、上越<対話法>研究会事務局・岡田さんのクラスでした。)

『これらの報告を整理すると・・・喧嘩しそうになった時・家族に優しい気持ちを伝えたい時・遊びを決める時に使うと、ことがうまくはこびそうだよね』と言おうとしたら、『だから、使うといいよ。使いなさいって言いたいんだよね』って、確認されちゃいました。児童には、くどくどと説明しなくてもいいのだ。私は苦笑しました。

保健室で、児童との関りのなかでの〈対話法〉練習 

昼休みに、一人でいることが多い児童と、その子が仲間に仲間に入りたがっているグループとの関係づくりのため、機会を見つけて保健室で、約10分ずつ練習を試みています。卒業までに、できる限り無理なく、習得していってくれるといいなと、思っています。

練習した児童の感想

「確認をして、今まであまり話していなかった人でも、話が楽しくできたし、その人のことをよく知ることができました。そして、確認してもらうことで、自分の考えがもっと深まったり、新しい考えが生まれたりします。確認を知らない人も、知っておいたほうが絶対に得だと思います。人との距離が縮まって楽しい生活が、おくれるようになります。知らない人も、ぜひやってみてください」  

第6回 日本教育カウンセリング学会研究発表大会にて口頭発表

気持ちを言葉で伝え合える学級経営への支援(発表資料はこちら)

江川 律子(妙高市立新井南小学校 養護教諭)

日本学校健康相談学会 第5回学術集会 一般口演で発表(2009.3.28〜29)

児童自らが心因性身体症状を言語化できるための支援
−確認スキルを用いた養護教諭の関わり−
(発表資料はこちら)

江川 律子(妙高市立新井南小学校 養護教諭)


  最終更新のRSS
Counter: 5986, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Wed, 06 May 2009 19:59:20 JST (2914d)
更新情報

Powered by XOOPS Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.